タイヤのQ&A

よくあるご質問

Q01.タイヤ選びのポイントは?
Q02.インチアップとは?
Q03.最近よく聞く「エコタイヤ」とは?
Q04.タイヤの溝はなぜいろいろな種類があるの?
Q05.スリップサインとは?
Q06.タイヤの寿命はどのくらい?
Q07.タイヤの保管はどうしたらいいの?

質問に対する回答

Q01 タイヤ選びのポイントは?
A01 お持ちのお車に合ったサイズのタイヤ、それに適合するホイールを選びましょう。
スタイルや乗り心地、エコ対応など、用途や好みもポイントのひとつです。
当店はお客様のニーズに合わせて幅広くご用意しております。お気軽にスタッフへご相談ください。
Q02 インチアップとは?
A02 タイヤの外径を変えずに低偏平化し、リム径を大きくすることです。
愛車のルックスをよく見せるだけではなく、インチアップによってタイヤの剛性が増し、「走る・曲 がる・止まる」能力が向上します。
ただし、乗り心地がハードになったり、走行音が少し大きくなったりします。
Q03 最近よく聞く「エコタイヤ」とは?
A03 エコタイヤとは、転がり抵抗を少なくし消費エネルギーを抑えることで燃費を向上させるタイヤのことです。
Q04 タイヤの溝はなぜいろいろな種類があるの?
A04 タイヤにはさまざまな溝が入っています。
溝の形によって、安定性の向上、駆動力・制動力の向上、横すべり防止などたくさんの機能を果たしています。
溝が浅くなるとこれらの機能が落ち大変危険ですので、早急にタイヤ交換を行う必要があります。
Q05 スリップサインとは?
A05 タイヤの摩耗が進んでいることを示すサインです。
スリップサインの出たタイヤは、水の溜まった路面などを走行中にスリップしやすく、ハンドルやブレーキが利かなくなる現象が起きることもあります。
大変危険ですので、早急にタイヤ交換を行う必要があります。スリップサインの表れたタイヤは法規上も違反となります。
Q06 タイヤの寿命はどのくらい?
A06 タイヤの寿命はどの程度劣化しているかが基準となりますが、おおよそ5年を目処に交換をご検討ください。
一般的にはスリップサインと呼ばれる警告の目印が摩耗限度とされています。
しかしタイヤはゴム製品のため、日々の走行や直射日光でも劣化していきます。
スリップサインが出ていなくても劣化の進み具合によってはタイヤ交換が必要な場合があります。
Q07 タイヤの保管はどうしたらいいの?
A07 装着しないタイヤは、正しい方法で保管することにより寿命を延ばすことができます。
雨や日差しの当たらない冷暗所で保管してください。
タイヤ一発検索


検索する
店舗情報 キタガタタイヤ - 店舗外観
キタガタタイヤ
〒501-0431
岐阜県本巣郡北方町北方112-1
TEL:058-322-5225
FAX:058-322-5226